アイスを食べる!冷たい物を飲む!

そんな時に歯がしみる~って経験ありますよね。

そんなあなたは知覚過敏かもしれませんよ~

そもそもなんでしみるんですかね(・・?

今回は知覚過敏について見ていきましょう。

知覚過敏とは?

日頃の生活習慣により、歯の表面のエナメル質が溶けたり削られたりすることで、象牙質(ゾウゲシツ)が露出します。その象牙質に冷たいものや熱いものや甘いものが触れることにより歯がしみるような痛みが走る症状のことを言います。その他にも、風や歯ブラシでも感じることがあります。歯医者さんで治療している時に風を吹きかけられて、しみることありませんか?そして、歯の治療後にしみることもあります。

知覚過敏の原因

知覚過敏になる原因は日々の生活習慣が影響しやすいです。

原因1  歯が溶ける

炭酸飲料やスポーツドリンク、ワインや柑橘類やお酢。これらの飲食物は歯の表面を溶かしやすいです。

部活動の時にスポーツドリンクをよく飲むお子さん。
晩酌でチビチビお酒を飲まれる方。
リンゴジュースを頻繁に飲むお子さん。
ダイエット目的でお酢を飲まれる方。

該当される方は歯が溶けやすいので注意が必要です。

原因2  歯の擦り減り

日常生活していくなかで、ごくわずかですが歯は擦り減っていきます。その積み重ねにより象牙質が露出してしまいます。この場合は高齢な方に多いと思われますが、若い方は睡眠時の歯ぎしりや、歯の食いしばりによる歯の擦り減りが見られる方もいます。

原因3  歯茎が下がる

歯周病により歯茎が下がってきた場合もしみる原因になります。

原因4  歯が欠ける

なんらかの衝撃により歯が欠けた場合も、象牙質が露出する可能性があります。寝ているときの歯ぎしりに、スポーツ時の歯の食いしばりや衝突により歯が欠けていませんか?

原因5  歯の治療

虫歯の治療をした後は、歯の神経の反応が過敏になっていますのでしみる場合があります。その他にもホワイトニング治療時に歯の表面に薬品を塗りますので、薬品の影響によりしみたりします。歯の治療が原因の場合は数日、様子をみれば治まることが多いです。

知覚過敏の治し方は?

知覚過敏の症状の度合いにもよりますが、自宅で治すことも可能です。

治し方1  知覚過敏専用歯磨き粉を使う

市販の知覚過敏専用歯磨き粉を使うことにより改善される場合があります。ただし、効果が得られるのは症状が軽い方で、歯磨き粉は即効性はなく、継続して使用していくうちに症状が改善されていきます。

治し方2  露出した象牙質を覆う

こちらは歯医者さんでの治療になります。露出した象牙質の表面をレジンという材料で覆うことにより象牙質を封鎖します。症状が軽い場合はこの治療ですみますが、象牙質の露出がひどい方は厳しいかもしれません。

治し方3  入れ歯や銀歯などの補綴治療

よほど症状がひどい場合は、歯を削るか抜くかして入れ歯や銀歯、その他、自費治療による補綴物を入れることで改善されます。歯の擦り減りで噛みあう部分の象牙質の露出がひどい方はこちらの治療になるかもしれません。

日頃の予防方法

上記の原因を引き起こさないためにも日頃の予防が大切です。1番大事なのは歯磨きです。正しい歯磨きができてないことによる、歯周病原因が一番厄介になります。知覚過敏以外にも歯の脱離の可能性も増えます。

歯磨き粉はフッ素成分配合のものを使うと、歯の表面を強化してくれるのでお勧めです。歯を溶かす飲食物の取りすぎにも注意してください。

歯ぎしりや食いしばる癖のある方は歯医者さんでマウスピースを作ってもらうのをお勧めします。就寝時に装着するナイトガードというのもありますので、歯ぎしりによる歯の擦り減りを阻止できます。

まとめ

知覚過敏のキーーーン!!ってしみる感じ嫌ですよね(;゚Д゚)

アイス大好きの私には天敵です!!

だから日頃からしっかり注意を心がけてます。

だって年とってもおいしくアイス食べたいんですもん( *´艸`)

全然まとめになってませんね~すみません(笑)

日頃の歯磨きと歯を溶かす要因など、なかなか減らすことは難しいですが、軽い症状であれば歯磨きの仕方や歯磨き粉を変えてあげるだけで、症状の改善につながるかもしれませんので試してみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。