入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があることを前記事で紹介いたしました。

 

前記事の入れ歯の良いとこ・悪いとこについてはこちら

今回はさらに、総入れ歯の種類を深くご説明いたします。

保険適用の総入れ歯と適用外の総入れ歯があります。値段は大きく差があります。

保険適用の総入れ歯

・レジン床義歯(レジンショウギシ)

レジンというのは材料の名前で床(ショウ)というのは入れ歯のピンク色の歯茎の部分のことを言います。基本多くの患者さんの入れ歯はレジン床義歯で作られます。保険適用で1番お手頃の価格で作ることができます。強度を確保しなければいけないので、分厚くなってしまいます。壊れた際の修理などはしやすいですが熱が伝わりにくく、食事の際の食べ物の温かさや冷たさが分かりづらいです。

価格 8,000円から10,000円前後

・スルフォン床義歯(スルフォンショウ)

強度があるので割れにくく、熱にも強いので煮沸消毒できます。レジン床義歯に比べ汚れや臭いもつきにくいです。壊れた際の修理は難しくレジン床義歯より少しお値段が高くなります。

価格 1,5000円前後

保険適用外の総入れ歯(自費の総入れ歯)

・金属床義歯(キンゾクショウギシ)

レジンの部分を金属で作る入れ歯のことを言います。レジンのところ全部ではなく一部のみですので、口の中に入れたときの、外から金属が見えることはないです。(下図参照)レジン床義歯と違い厚みを薄くすることができ、熱の伝わりが良いので、食事の際に食べ物の温かさや冷たさが感じやすいです。さらに丈夫で壊れにくく金属部分は清潔に保ちやすいです。ただし、保険が効かないためお高くなります。


使用される金属にはコバルトクロム、金、チタンといった種類があり、使用する金属それぞれに特徴が異なります。

それぞれの特徴は

コバルトクロム

保険入れ歯の約3分の1の暑さで作ることができ、熱も熱も伝わりやすく強度もあります。

価格 20万円前後

金は柔らかく加工しやすいため口の中に適合しやすいです。体にも優しく変色しにくく高級感があります。ですが金なので高いです。

価格 50万から70万前後

チタン

金属の中でも軽い金属で顎が疲れにくいです。なおかつ丈夫ですし汚れにくく清潔に保ちやすいです。体にも優しく金属アレルギーの方でも安心して使用いただけます。

価格 35万前後

・シリコン義歯

レジン床義歯と金属床義歯は固い材質でできています。シリコン義歯はレジン床義歯の内側をシリコンという柔らかい素材にすることで口の中のフィット感が増します。そのため食事の際、噛み締めやすく、しっかり噛むことで健康的にもいい傾向がみられます。口の中は変化しやすく、入れ歯が合わなくなった際も修理しやすいです。

価格 20万前後

まとめ

総入れ歯にはいろいろな種類がありましたね。やはり保険適用外は少々お高くなりますが、しっかりとした食事を取り戻して楽しい食事をしたい方には保険適用外の入れ歯を考えてみてはいかがでしょうか。しっかり噛んで楽しく食事することで、口の中の健康だけではなく、体全体が健康になるとも言われてます。この記事を読んでくださった方が、楽しい食事を取り戻せることを願っております。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

※入れ歯の価格はおおよその相場になっておりますので、しっかりと歯科医院でお値段の方をご確認ください。
(入れ歯の価格は歯科医院が自由に設定できますので、歯科医院により価格が違います)

 

部分入れ歯について知りたい方はこちら