皆さん、毎日の歯磨きちゃんとしてますか?定期的に歯医者さんで検診していますか?今回は放っておくと恐ろしい歯周病にスポットを当ててみました。歯周病を放置するとどのようなことが起こるのでしょうか。

歯周病とは

歯周病には歯肉炎と歯周炎という症状があります。歯と歯茎の間の歯周ポケットの掃除が行き届いてないことにより、細菌が増え歯茎が腫れたりする症状をいいます。放置しますと歯周ポケットが深くなり歯を支える土台が溶けてしまいます。さらに進行すると最悪は歯が抜けてしまいます。

歯周病の原因

やはり1番の原因は歯磨きの仕方だと思われます。正しい歯磨きをしないと食べカスが残ったままになり歯垢になります。放置しますと歯垢は固くなり歯石になります。歯石は歯の表面に頑固にくっ付きます。この歯石を自分で取ることはなかなか難しいです。

歯周病の種類

歯肉炎

歯肉炎は歯垢が原因で歯茎が腫れてしまう症状のことを言います。

歯周炎

歯周円は歯肉炎がさらに悪化した症状になります。

歯垢が固まり歯石になることで細菌が活発に活動し歯茎がさらに腫れてしまい、あごの骨にまで炎症が及びます。

歯周病の症状

・歯磨きをしていると血がでる

・歯茎の色が赤く、腫れている(健康的な歯肉はピンク色です)

・かたい物が噛みにくくなった

・歯が長くなったような気がする

・出っ歯になった

・歯がぐらぐらしだした

・歯と歯の間に隙間がでてきた

・食物が挟まりやすくなった

・朝起きたら、口の中がネバネバする

・口が臭くなる

1つでも当てはまる方は歯肉炎の可能性があります。当てはまる数が多い方は歯周炎の恐れがあります。 

歯周病を進行させる原因

・喫煙

・ストレス

・生活習慣の乱れ

・偏った食事

・歯ぎしり

・適合の悪い銀歯や入れ歯

・糖尿病などの全身疾患

ストレスはどのような病気の原因にもなりますね。歯ぎしりも歯へ負担がかかります。砂糖の取りすぎも細菌の動きを活性化させるので注意です。

歯周病の治し方

歯肉炎

軽度な歯肉炎は正しく歯磨きをすることで、歯茎の腫れが引き症状を改善することができます。歯磨きでも症状が改善されない場合は正しく歯磨きができてない場合があります。

歯周炎

歯周炎になりますと自分で治すことはできません。歯医者さんで治療していただきましょう。

まとめ

歯周病は気づかないうちに進行していきます。歯周炎になったとしても軽度の症状ならば早い段階で処置することで改善がみられますが、重度の症状になると治療するのに長い期間と費用がかかりますので毎日のケアを心がけましょう。正しい歯磨きをしてるつもりでも磨き残しがでてきますので、半年に1度は歯医者さんで口の中を綺麗にしていただきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

歯肉炎・歯周炎が悪化した歯槽膿漏についてはこちら