前記事で歯周病について書きましたが、今回は書き忘れてました歯槽膿漏について書きたいと思います。

前記事の歯周病の記事はこちら

歯槽膿漏という言葉をCMでよく見かけますよね・・・

歯槽膿漏にいい歯磨き粉のCMは結構ありますけど、歯槽膿漏になってから使っても手遅れです。

歯磨き粉はあくまで予防のための物なので、日頃からの歯磨きが大事なんです(; ・`д・´)

では、歯槽膿漏とはどんな症状なのか見てみましょう。

 

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは歯周病の重度な症状で歯茎が下がって歯が抜けてしまう病気のことをいいます。

歯周病の1つであり歯肉炎、歯周炎がさらに悪化しあごの骨の炎症がひどい状態になったため起こります。

歯槽膿漏の症状は?

・歯磨きをしていると血がでる

・歯茎の色が赤く、腫れている(健康的な歯肉はピンク色です)

・かたい物が噛みにくくなった

・歯が長くなったような気がする

・出っ歯になった

・歯がぐらぐらしだした

・歯と歯の間に隙間がでてきた

・食物が挟まりやすくなった

・朝起きたら、口の中がネバネバする

・口が臭くなる

歯肉炎と歯周炎と同じ症状がでますが、歯槽膿漏になりますと歯のぐらつきが大きく歯茎がかゆく感じ、痛みも出る時があります。体の免疫も落ちるので他の病気にもなりやすくなり、歯茎に膿が溜まることもあるので要注意です。膿が溜まるので口臭も臭くなり、歯槽膿漏の原因の歯垢や歯石からも悪臭がでます。歯茎が下がり歯が長くなったように見えるので、見た目も悪くなり知覚過敏になってしまいます。当然、歯がぐらぐらするので、歯並びも悪くなり食べ物も食べにくくなってしまいます。

そして、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯槽膿漏の原因は?

・歯磨きが不十分

・喫煙

・ストレス

・生活習慣の乱れ

・偏った食事

・歯ぎしり

・適合の悪い銀歯や入れ歯

・糖尿病などの全身疾患

1番の原因はしっかりとした歯磨きが行き届いていないことです!!

そのため歯垢がたまり時間が経つことで歯石になり放置した結果、歯周病菌が増えて歯肉炎になり歯周炎、そして、歯槽膿漏へと変わるのです。銀歯や入れ歯などの適合が悪いと、隙間に歯垢がたまり歯ブラシが届きにくいのでさらになりやすいです。

タバコは血管を収縮させるため血液の流れが悪くなり、体の免疫力を下げてしまいますし、唾液の量も減るので歯周病菌が活動しやすくなる原因になります。

ストレスはどんな病気でも原因の1つになりますね。ホルモンバランスや自律神経が乱れ免疫力が下がります。

歯槽膿漏にならないためには?

1番大事なのは正しい歯磨きをすることです!!

『そんなことか~』と思うかもしれませんが毎日のケアが効果大です!!

毎日、正しい歯磨きをしていれば煙草を吸ってようが、偏った食事をしてようが大丈夫だとお思います。

 

正しい歯の磨き方についてはこちら

 

歯槽膿漏の治し方は

歯槽膿漏になった場合はまず自分では完璧に治すことは難しいと思われます。

まずは歯医者さんへ行き歯槽膿漏がどのくらいの症状か診断してもらいましょう。症状の度合いによって必要な治療が変わってきます。

・膿が溜まっている場合は切開して膿を出してもらう

・歯垢、歯石を除去してもらう

・歯磨きの指導をうける

・マウスウォッシュを処方してもらう

・歯が抜けた場合は入れ歯やインプラントを入れる

膿が溜まっていなければ、歯茎が下がる原因の歯垢、歯石を取り除き、毎日正しい歯磨きをしマウスウォッシュで殺菌することで症状が改善されます。マウスウォッシュは歯槽膿漏になっていなければ、市販のもので良いと思いますが、歯医者さんでの治療が必要な段階では歯医者さんの先生のおすすめする物がいいでしょう。

治療を受け毎日正しくケアしていけば、歯茎が徐々に引き締まってき歯のぐらぐらが解消されていきます。

ただし!!長い期間かけて歯茎が下がってきたので、歯茎が戻るのも長い期間かかります。残念ながら今の段階で、すぐに治る治療法はありません。

まとめ

結局は毎日の歯磨きと定期的な歯医者さんでの歯石除去が大切なんです!!

そんなことわかってるけどなかなかできないのが現状・・・

でも、ずっとおいしい食事したいなら今のうちからちゃんとケアしないとです(´ω`*)

今のままでは、ゆっくりゆっくり歯茎は下がってきてますよ・・・|д゚)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。