ある日鏡を見てみると奥歯が欠けているではないですか(; ・`д・´)

歯医者さんに行くと~

『虫歯ですね~でも親知らずが邪魔して治療しにくいので親知らず抜いちゃいましょう!』

てな感じで親知らずを抜くことに・・・さらに・・・

『ついでだから反対側も生え方が横向きやから抜いちゃいますか!』

こうして、1ケ月にわたり下2本の親知らずを抜いたカナえは、めちゃめちゃあご腫れて痛い日々が続きました( ノД`)シクシク…

親知らずとは?

下の図を見てください。
黄色い歯は前歯で上下合わせて12本。
白い歯は奥歯(臼歯)で上下合わせて16本あります。
そして、1番奥の歯の後ろに親知らずという歯が埋まっております。
上下合わせて28本が歯の本数の基本になります。親知らずを入れると32本ですね。

どうして横向きに生えるの?

そもそも、昔の人類は親知らずというものはありませんでした。

32本しっかりと歯が生えていたのです。

火の発達により食べ物を柔らかくすることができるようになり、噛む回数が減ったため、あごが小さくなっていきました。そのため現代の人々の多くは親知らずの生えるスペースがなく、斜めもしくは横向きに生えてしまいます。食べ物も固い食べ物より、柔らかい食べ物が多いので、更にあごは小さくなっていっており歯並びが悪い人が増えているのも現状です。

どうして痛い?

あごのスペースがなく無理やり生えてくるので歯茎が炎症を起こし腫れるので痛みが出ます。生え方が悪く歯磨きが十分に届かない場所なので虫歯になりやすいので虫歯による痛みの場合もあります。

痛みをとる方法は?

痛みを伴う場合はほとんどのケースは抜歯しないと痛みは取れないと思われます。抗生物質を飲むことで1次的に痛みを和らげることはできますが、歯茎の腫れは繰り返されますので抜歯が必要かと思われます。すぐに痛みを取りたいけど夜遅く歯医者さんにも行けないし、抗生物質もない場合はあごを冷やすしかありませんので、翌日、早めに歯医者さんへ行かれてください。

抜歯したほうがいい?

抜歯した方がいいかは生え方によります。正常に真っすぐ生えている方は抜歯する必要はありませんが、斜めや横向きの方は抜歯することをおすすめします。抜歯をしないと以下のことが起こる可能性があります。

・親知らずが前方の歯を押し、歯並びが悪くなる

・前方の歯を押すので痛みが出る

・無理に生えてこようとするので歯茎が腫れる

・親知らずや前方の歯が虫歯になる

・口が臭くなる(食べかすがつまりやすいので)

・顎関節症の原因になる

まとめ

固い食べ物を食べる傾向が減っているので、親知らずがうまく生えてこないのが現状ですね~

おせんべい好きですけどケーキだって食べたいじゃん( *´艸`)

今更、あごの成長は期待できませんのでそこはあきらめます(笑)

おこさんにはよく噛んで食べることを指導してあげてください♪

親知らずが斜めや横向きに生えてようが絶対的に悪さをする訳ではないので、そのまま眠り続ける場合もあります。これだけはもう運任せですかね~~~。頬杖などであごを圧迫すると生えてくるリスクは増えるので注意してくださいね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。