『歯がぐらぐらする~気になる~』

子供が歯を気にしだしたら直ぐに抜いていいのか?自然に抜けるのを待つか?どちらがいいんですかね(`・ω・´)

『自然に抜けるの待ちなさ~い』ってほったらかしにしてたらダメですよ。

ぐらぐらしだしてあまりにも長い間抜けない場合は抜いたほうがいい場合もあります。

乳歯から永久歯に生え変わる時期

乳歯から永久歯に生え変わる時期は6歳から12歳頃です。

まずは6歳頃に下の前歯が生え変わります。

そして、7歳から8歳頃から上の前歯が生え変わります。

次に8歳から9歳頃、前から奥へ順番に歯が生え変わります。

そして、10歳から11歳頃に 奥歯が乳歯から永久歯へと生え変わります。

最後に12歳から14歳頃、 乳歯にはなかった奥歯が生えて、合計28本になります。

親知らずはあごの発達により、生えてきたり生えてこなかったりします。現代の人は昔の人に比べてあごの発達が衰えていますので、なかなか綺麗に生えてくる人はいません。綺麗に生えてくる人もいますが、斜めに生えるなど変な生え方をする方が多いです。早い人では15歳頃に生えてきます。

乳歯がぐらついてきたら直ぐに抜いたほうが良いの?

永久歯が作り始められると乳歯がぐらぐらしだします。この段階ではまだ永久歯は完全に作られていません。ほとんどの場合は数カ月で自然に抜けるので、ぐらぐらしだして直ぐに抜く必要はありません。しかし、数カ月経っても抜けない場合は何らかの方法で抜いた方が良いです。ぐらぐらしだした乳歯は歯磨きが行き届きにくいので、放置したままにしますと歯垢がたまり歯石になることにより歯周病の原因になる場合があります。

乳歯を抜く方法

1番いい方法は歯医者さんで抜いてもらうのがいいです。抜くべきか抜かないべきかも正しく判断してくれます。ですが『わざわざ行くのもなぁ~』って思う人が多いはずです。その場合自宅で抜く方法をご紹介します。

くれぐれもなかなか抜けない乳歯のみしてください。ぐらぐらしだして間もない歯を無理に抜くと永久歯の生え方に悪い影響を与える場合があります。

指で抜く

乳歯をガーゼやティッシュでつまみます。

大きく深呼吸させます。

思いっきり息を吐いた瞬間に真っすぐ上(下)に引っ張ります。

乳歯がうまく抜けたらガーゼなどをしっかり噛ませましょう。10分から20分ほどで止まると思います。ガーゼが血で染まったからころころ変えるのではなく、しっかり止まるまで噛ませておきましょう。

糸やデンタルフロスで抜く

歯の根元に糸を巻きます。

指で抜くのと同様、大きく深呼吸させます。

思いっきり息を吐いた瞬間に真っすぐ上(下)に引っ張ります。

抜けた後は指で抜いた時と同じく、しっかり止血しましょう。

固い物や粘着力のある食べ物を食べる

おせんべいなどの固い食べ物やキャラメルなどの粘着力のある食べ物を食べることで抜ける場合もあります。ただし誤って飲み込まないように注意しなければいけません。

まとめ

子供は歯がぐらぐらしてきたら気になってしまいます。

痛みが続くと不安にもなり抜くのも怖くなります(;´Д`)

そういう時にお父さんお母さんが優しく対処してあげましょう(´ω`*)

子供の矯正について知りたい方はこちら

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。