虫歯には様々な段階があります。

進行具合によって痛みや治療方法、費用、通院回数が変わってきます。

今回は虫歯の進行具合を解説したいと思います。

進行度C0

   

歯の表面が少し解けている初期虫歯になります。痛みはありませんが歯の表面の所々(虫歯になりかけている部分)が茶色く変色しているのが特徴です。削る必要はなく歯医者さんでフッ素を塗ってもらうことで、歯の表面を強くし経過観察します。正しい歯磨きと定期的な歯医者さんでのクリーニングを行っていれば、虫歯が進行するのを防ぐことができますので初期虫歯ができたら要注意しましょう。 

 

正しい歯の磨き方についてはこちら

 

進行度C1

 

歯の表面より少し深い位置(エナメル質)まで虫歯の進行が進み穴が開いてしまっている状態です。この段階でも痛みを伴うことはありませんが、放置したままにしますと虫歯はどんどん進行していきますので、少し歯を削り修復する必要があります。麻酔を使う必要性はなく(広い範囲や数が多い時は使う場合もある)、1回で治療でき治療費も安くすみます。歯を修復材料はレジンというプラスチック製の白い材料でできますので、銀歯よりは目立ちにくいです。

進行度C2

さらに虫歯は奥へと進み象牙質という組織にまで届いてしまっている状態です。痛みよりかは歯がしみる症状が現れるのが特徴になります。しかし、神経に近いところまで虫歯が進行していますと痛みを伴ってしまい早めの治療が必要です。歯を削る範囲もC1より広く深く削らなくてはいけなく、銀歯やプラスチック製のレジンなどで治療しないといけません。保険が適用されますので治療費は比較的に安くすみますが、製作期間がかかりますので1回の通院では終わらず、最短で2日もしくは3日かかります。

 

差し歯の治療法や値段についてはこちら

 

進行度C3

虫歯が神経まで進みかなり強い痛みを伴い、食事をとるのもままならないですし、何もしていない時でもズキズキ痛みます。痛みとは体の危険を知らせる為のシグナルですのでかなり早急な治療が必要になります。歯を削る範囲もさらに広くなり、銀歯やレジンで修復する範囲も大きくなるのでC2より少し料金があがり、歯の根っこに入った菌を完全に取り除いてあげないといけないので通院回数が4回から5回かかると思われます。料金は保険適用で済ませられますが、C2の段階よりは多少高くなります。

進行度C4

歯が崩壊している状態で根っこまでも虫歯に侵されていますので、歯を抜く必要があります。ここまで来ますと歯を残しての修復は難しいので入れ歯やブリッジ、インプラントといった治療になります。

入れ歯について知りたい方はこちら

 

ブリッジについて知りたい方はこちら

 

インプラントについて知りたい方はこちら

 

まとめ

歯は削られることでどんどん寿命が減っていきます。早期発見の早期治療が大切です。

発見が遅くなったり放置し続けますと、沢山のデメリットがあります。

時間もお金も取られ、ひどい場合は体のあちこちに悪影響をもたらすので注意しましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。