歯の中で前歯ってかなり重要ですよね(´-ω-`)

前歯って些細なことで欠けたり折れたりするんで、折れてしまっては見た目が悪くなり人前では笑えなくなってしまいます・・・・。

前歯が折れたら?

前歯が折れたら慌てず行動することが大切です。今後の対処によっては治療しやすかったり、治療が大変になったりと左右されますので、折れた時の対処法を覚えておきましょう。

まずは欠けた歯を保存

歯が欠けた、もしくは折れた場合は折れた歯を探して保存しましょう。

歯は乾燥させるとよくないので、生理食塩水に浸けて保存するのが好ましいです。生理食塩水とは濃度が0.9%の食塩水でからだに優しい食塩水と言われています。特に歯の根元の方から折れた場合は、生理食塩水に浸けて保存することが大切です。生理食塩水に浸けることで歯の根元にについている歯根膜(シコンマク)という膜を保護します。歯根膜を保護することで欠けた歯がくっつくか、くっつかないかが変わってきます。もし生理食塩水を用意できなければ牛乳に浸けて保存しましょう。

~生理食塩水の作り方は~

まずは水1リットルを10分間沸騰させます。

沸騰したらペットボトルを用意し、半分の500ミリリットルのお湯でペットボトルを煮沸消毒します。

そして、残ったお湯を冷まします。

冷めたら水500ミリリットルをペットボトルに移し、塩を4.5グラム入れてよくかき混ぜて完成です。

できた生理食塩水に歯を浸けて保存しましょう。

直ぐに歯医者さんへ行く

当然ですが早く歯医者さんに行きましょう。絶対に放置しないようにしてください。特に根元から折れている場合はなおさらです!!根元から折れて歯茎に穴が開いた状態になった場合、徐々に歯茎の穴が塞がってきてしまいます。そうなりますと、せっかく保存した歯が元の位置に戻らなくなってしまいますので、他の方法で治療しなくてはいけなくなります。

歯医者さんでの治療方法

歯の折れ方にもよりますが前歯の治療にはいろいろの方法があります。

保険適用・硬質レジン

保険適用の物には硬質レジンという材料を使ったものがあります。

プラスチックのような材料で柔軟性があり歯のたわみに強いです。

固すぎないので噛みあう歯を傷つける恐れがなく安価な材料です。

長い間使用すると変色したり、擦り減ったりする恐れもあります。

保険適用外(自費治療)・セラミック

セラミックとは陶器でできた材料のことをいい、変色や劣化がしにくく長い間お使えいただけます。体に優しく見た目も自然な歯と変わりないです。

ただし、材質が固いので噛みあう歯が傷つくこともあり、強い衝撃で割れたり欠けたりする恐れもあります。

 

硬質レジン・セラミックにについて知りたい方はこちら

 

まとめ

どこかにぶつけたり、固い物を食べたり前歯が欠ける原因は様々あります(; ・`д・´)

夜寝ている時に歯ぎしりしたり、スポーツ時の歯の食いしばりも原因になる恐れがあります。

折れた時の対処が早いほど戻る可能性も上がりますので、いざという時の為に覚えておきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。