誰でも発症してしまう口唇ヘルペス。感染力も強く治っても再発する恐れもあり厄介な病気です。そもそも口唇ヘルペスはどうしてできるのでしょうか。

口唇ヘルペスとは?

口唇ヘルペスとは唇に水ぶくれができる症状のことを言い、単純ヘルペスウィルスという病原菌が傷口や粘膜から侵入することにより発症いたします。初期症状として、口の周りがチクチク、むずむずしたり痒みが出たりします。

通常は子供のころ家族などからうつることにより免疫ができますが、現代社会では家電製品の発展や衛生面の改善により感染しない人が増えてきており、単純ヘルペスへの抵抗力がない人が大勢います。

その為、子供の頃は感染しても軽傷で済むはずですが、大人になって感染してしまうと症状がひどくなってしまい大変な目にあいかねません。

口唇ヘルペスがうつる行動

基本は接触によりうつります。キスはもちろんのこと口唇ヘルペスを持った人が使った食器の使いまわしなどでも移るほど感染力が強いです。

そして、水ぶくれを触った手で他の場所を触らない。特に水ぶくれには多くのウイルスが入っているので、破けたヘルペスを触った手は非常に感染力が強いので注意しましょう。

赤ちゃんは非常に免疫力が弱いので、可愛いからと言ってキスをすると直ぐにうつってしまいます。しかし、絶対に水ぶくれができるわけではなく、水ぶくれはできないが感染だけしている場合もあります。

口唇ヘルペスの割合

口唇ヘルペスは10人に1人の割合で感染してると言われていますが、多くの人が感染していることに気づいていません。男性と女性とでは女性の方が発症率が高い傾向にあります。

口唇ヘルペスの治し方

口唇ヘルペスはおよそ2週間で自然治癒します。しかし、自然治癒を待つのは非常に危険です。

感染力が強いので他の部位にうつってしまう可能性があります。

皮膚の薄い部分や粘膜は特に注意です。

1番は治し方は病院(皮膚科または内科)に行って診断してもらいお薬を処方してもらいましょう。1度感染してしまうと完全に取り除くことはでず再発の恐れがありますので、病院で治療することが再発を防ぐことに1番の効果的です。

今では薬局でも口唇ヘルペス用の薬を手に入れることができますが、初めての感染の方には使用が認めらてなく再発した人のみ使用ができます。購入は誰でもできますが、初めて感染された方が使用すると、症状の悪化などの恐れがあるので注意しましょう。

再発を防ぐには

1度治ってもウイルスはずっと潜んでいます。完全になくすことはできません。

再発したら早めに薬で症状の悪化を防ぐのが大事ですが、再発しないようにするには日頃から生活リズムを規則正しくしなければいけません。睡眠不足やストレスは自律神経が乱れる原因になりますので、免疫力が低下し再発のリスクを高めてしまいます。

まとめ

口唇ヘルペスは接触により簡単にうつってしまいます。

感染しても絶対に発症する訳ではなく、発症しないまま終わる人もいます。

子供のころ感染していれば症状が軽く済む場合が大きく、免疫力が付き大人になっても再発しにくいですが、大人になっての感染ですと症状がひどくなる恐れがあります。

早く治療するほど早く回復しますので、放っておかずに早めに治療しましょう(´ω`*)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。