お母さん、お父さん毎日子育てお疲れ様です(∩´∀`)∩

子育ては大変ですけどやっぱり子供って可愛いですよね( *´艸`)

子供の可愛さは1才から3才がピークと言われ、可愛さのあまり思わず『チュッチュ❤』してしまう方も沢山いらっしゃると思います。

『ちょっとまった~~~!!!!!!!!』

その行為アウトで~~~す(; ・`д・´)

思わずしてしまいがちな『チュウ』ですが、チュウをすると子供が虫歯になる確率を高めてしまいます。

 

赤ちゃんの口に虫歯菌はいない

そもそも生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、歯がありませんので虫歯菌は存在しません。

では、虫歯菌はどこからやってくるの?

それは、お母さんやお父さんなどから感染しているのです。
(虫歯菌を持っている大人)

虫歯菌がうつる行動

何げなく赤ちゃんにしている行動が虫歯菌をうつす原因になっています。

・チュー

・同じお箸やスプーンで食べ物を食べさせる

・食べ物を噛み与える

当然、チューするのは口と口を合わせますので、虫歯菌がうつってしまいます。

食べ物を噛み与えたり、お父さんお母さんが使ったお箸などで食べ物を食べさせたり、同じコップを使ったりする行為もうつる確率、大です。

注意すべき時期

虫歯菌は歯などの固いところに住み着いてしまいますので、歯が生えてない時は虫歯の住み着く場所がありません。

しかし、赤ちゃんの乳歯は生後6ヶ月くらいから生えてき2歳半ぐらいには生えそろいますので、その2歳半までは虫歯菌のうつる行動を避けましょう。

『どうせ虫歯菌うつるのでは?』

注意すべき時期に頑張って虫歯菌をうつさないようにしてもどうせうつるのでは?

と、思うかもしれません。

確かにそうかもしれませんが、この期間にうつるのと、うつらないのでは今後の虫歯になりやすくなる確率が変わってきます。

虫歯菌がうつる時期が早ければ早いほど虫歯菌は口の中に居座ることができ、遅ければ遅いほど虫歯菌が居座る場所は減っていきますので、虫歯菌がうつるにしても遅い方が断然いいのです。

その他に注意すべきこと

虫歯菌がうつらないように頑張って行動しても、周りの人にも注意してもらわないとどこでうつるかわかりません。

虫歯菌がうつったかなど目で見てわかるものではないですし、もしかしたら既にうつってるかもしれません。

せっかくの頑張りが無駄になってしまわないように、虫歯菌がうつったとしても増やさない工夫をしなければいけません。

砂糖の含まれた食べ物は虫歯菌のエサとなり、虫歯菌が増えてしまいますのであげないほうがよろしいです。

まとめ

子供が虫歯になりやすいか、なりやすくないかは、お母さんお父さんにかかっています。

チューしたり、食器を共有したり、食べ物を噛み与えるのは絶対NGです(; ・`д・´)

虫歯菌をうつす行動をしないようにしなければいけませんが、お母さんお父さん自身も定期的に歯医者さんに行ってお口の中を清潔に保つのを心がけましょう。

虫歯菌がうつってなくても歯磨きを怠ったりすれば当然虫歯になりますので、正しい歯磨き、食生活を教えてあげましょう(´ω`*)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。