歯医者さんで入れ歯を作った際に痛くて使い続けるのが辛かったり、合わなくなったりしたことがありませんか?

ではどうして入れ歯は痛くて、合わないのか見ていきましょう。

痛いのはなぜ?

・もともと口の中に傷があり入れ歯があたって痛い

・入れ歯で歯茎が擦れて炎症をおこしている

・作った入れ歯にとがった部分があり口の中を傷つけている

入れ歯が痛いのにはこのような原因が考えられます。痛かったら使い続けるのが嫌になりますよね。

だからといって使うのをやめてしまうと今度は合わなくなってしまいます。

使うのをやめると合わないのはなぜ?

・入れ歯が乾燥して形が変わってしまった。

入れ歯は口の中で濡れている状態で使用するので、付けずに長い間そのまま放置しますと乾燥して形が変わる恐れがあるのです。外して保管するときは水につけて保管しましょう。

・歯が移動してしまった。

入れ歯を付けないでいますと、歯がなくなった空間に歯が寄ってしまいます。歯はお互いで支えあって噛む力を分散しているので、1本でもなくなると均等に支えてあげることができません。そのため歯が移動してしまい入れ歯が入らなくなるのです。

・金属の金具が変形してしまっている。

部分入れ歯ですと金属の金具が付いているのですが、なんらかの原因で形が変わってしまっている恐れがあります。例えば床に落としたり、金具の部分を持ったり、口に入れる際に力を入れすぎたりすると形が変わってしまいます。ポケットに入れて持ち歩く方もいますので、そのような保管方法だと形が変わりやすく使えなくなります。

せっかく作ったのに使わないと使えなくなり残っている歯も移動して更に食事がしづらくなります。

では、このような事が起こったらどうすればいいのでしょうか?

解決策

・歯医者さんに行って調整してもらいましょう。

実際に歯医者さんで口の中に入れるだけでは良いのか悪いのかわかりませんよね。

何日か使ってみて違和感を感じになられたら歯医者さんへ行って調整してもらうのが良いと思われます。

作ったばかりだと無料で調整してくださるはずです。

入らなくなったり合わなくなった場合も歯医者さんに行って調整してもらうのがいいです。

おすすめしない解決法

・入れ歯安定剤を使う

入れ歯安定剤は使わない方がいいです。もともと入れ歯安定剤がない状態で使う物なので、入れ歯安定剤が入ることで噛み合わせが悪くなる恐れがあります。1度使ってしまうとずっと頼ってしまい費用もどんどんかかります。使い方を間違えると入れ歯の形が変わってしまう恐れもあります。

入れ歯を作って半年以内なら無料で作り直してくださる歯医者もあるので先生に聞いてみましょう。

まとめ

入れ歯が痛いからといって使うのをやめるのではなく、歯医者さんに行き調整してもらうのが1番です。歯医者さんが嫌い、面倒だから嫌って思い行かないでいますと、どんどん食事がしにくくなります。早い措置が早い解決に繋がるので早めに歯医者さんに行かれてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

入れ歯について知りたい方はこちら