インプラント治療とはネジのような土台(人工歯根)をあごの骨に埋め込み、その土台の上に人工の歯を乗せて歯としての機能を取り戻す治療のことを言います。健康な歯を削る必要がなく定期的に歯医者さんでメンテナンスをしてもらえば、半永久的に使い続けることができます。

ではどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

メリット

・本来の歯と変わらない自然な印象に仕上がります

見た目は健康な歯と変わらなく入れ歯や銀歯のように目立つことはありません。

・元の歯のように健康な状態と同じように噛める

土台があごの骨に埋まっているので力が伝わりやすくよく噛むことができ、食べ物の味、食感をしっかり感じれます。よく噛むことで体にも良い影響をあたえてくれます。

・あごの骨に力が加わるのであごの骨が痩せてしまうのを防ぎます

歯が抜けた場所を放っておくと、どんどん骨が痩せてしまうのですが、直接力が加わるので痩せるのを防ぎます。

・からだに優しいです

ネジのような土台(人工歯根)はチタンという金属でできていますので金属アレルギーが出にくいです。ごくまれにチタンでも金属アレルギーを起こされる方がいます。心配の方は金属アレルギーのパッチテストを受けてみてください。

デメリット

・外科手術が必要になります

ネジのような土台(人工歯根)をあごの骨に埋め込むので外科手術をします。

・保険適用外なので費用が高くなります

1本30万円から40万円が相場となっていますが、価格は歯医者さんの先生が自由に決めることができるので、相場より安い15万円の歯医者さんや相場より高い60万円の歯医者さんもあります。安すぎるのも怪しいですし、高すぎるのも信用できません。

インプラントが高い理由はこちら

   ⇩

インプラントの平均費用はどのくらい?なぜ保険がきかないの?

 

・治療に長い期間がかかります

ネジのような土台(人工歯根)をあごの骨にくっつくまで3ヶ月から6ヶ月かかります。骨とくっついてから土台の上に人工の歯を置くことができますので、長い期間がかかります。

・手術を受けれない方もいます

糖尿病の方や口の中の衛生状態が悪い方、あごの骨が足りない方は受けることが難しい場合があります。喫煙者も受けれない場合がありますが、生活習慣の改善により受けることもできます。

まとめ

インプラントは金額は高いですが本来の健康な歯と同様に噛めるようになり、楽しい食事を取り戻すことができます。しっかり噛むことで体にも良い影響を与えることができます。しかし欠点もありますので、しっかりと理解したうえで治療を受けるか受けないかをお考え下さい。歯医者さんもインプラントが上手な歯医者と、そうでない歯医者がありますので下調べはしっかりとしましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

※インプラントの価格はおおよその相場になっておりますので、しっかりと歯科医院でお値段の方をご確認ください。
(インプラントの価格は歯科医院が自由に設定できますので、歯科医院により価格が違います)