ホワイトニングとは歯の表面を白くする治療のことをいいます。歯の表面の色を落とすだけではなく、歯の中にある色素を分解して明るくしていきます。漂白、ブリーチングとも呼ばれます。

1度ホワイトニングを行えば永久的に歯が白くなるわけではありませんので、一定期間経ちましたらまたホワイトニングをしないと、歯の白さを保つことができません。

ホワイトニングは審美治療なので保険が適用されません。全額患者さんの負担になります。

クリーニングと間違われる方もいらっしゃいますが、クリーニングは歯の表面に付いた歯石や歯垢を取り除く作業の事をいいます。クリーニングをするだけで歯が白くなる方もいらっしゃいますので、費用をかけたくない方はクリーニングも良いと思われます。定期的に歯医者さんでクリーニングを行うことは、歯周病の改善・予防に繋がるのでおすすめです。

ホワイトニングには大きくわけてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。では、この2種類の違いは何なのでしょうか。

オフィスホワイトニング

歯医者さんに行って歯の表面を綺麗にした後に、ホワイトニング剤という物を歯の表面に塗ります。ホワイトニング剤とは過酸化水素という薬剤が含まれており、専用のレーザーを当ててあげることで過酸化水素が色素の分解をしてくれます。過酸化水素は少し濃度が強いので痛みを伴う方もいるようです。

オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くすることができますが、1回の通院で白くなる具合には限度がありますので、何度か歯医者さんに通わないといけません。

効果が持続する期間は3ヶ月から6ヶ月になります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはまず歯医者さんでマウスピースを作ります。そして、作ったマウスピースに薬剤を入れて自宅でマウスピースを口の中に入れて歯を白くしていきます。薬剤は過酸化尿素というものを使い、ゆっくりと時間をかけて歯を白くしていきます。過酸化尿素は過酸化水素と同じ効果を持っていますが、濃度が低いので安全性に優れております。

効果が持続する期間は6ヶ月から1年になります。

時間をかけて行い薬剤が歯の奥まで浸透しますので、オフィスホワイトニングより長いですね。

1度マウスピースを作れば後はご自身でできますが、2年から3年に1度はホワイトニングの治療を歯医者さんで受けられた方が良いと思われます。

まとめ

ホワイトニングのされ方や種類はお分かりになりましたか?今回は簡単にホワイトニングの種類を説明いたしました。今後はそれぞれのホワイトニングを、深く説明していきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。