歯磨き中ふとっ鏡を見ると歯に黒い点の部分が・・・・ってことありませんか?

その黒い点を放っておくと大変なことになるかもしれません。

私は黒い点にすら気づくのが遅れ大変な目にあいました(´-ω-`)

歯の表面の黒い点は何?

歯の表面が黒くなっている場合は

虫歯・歯石・着色

が原因で黒くなっていると思います。見分け方を知っていればその後の対処がしやすいと思います。

虫歯

歯磨きが行き届いてないと虫歯菌が歯の表面で増え、歯を溶かしてしまい虫歯を作ろうとします。その際に歯の表面が茶色、もしくは黒くなってしまいます。虫歯のでき始め、初期虫歯の場合は歯を削る必要がなく、歯磨きを丁寧にすることで虫歯の進行を止めることができます。しかし、見た目は歯の表面に小さく黒い点ができていて初期虫歯に見えても、歯の中で虫歯が進行している場合がありますので、初期虫歯だと決めつけるのは危険です。

歯石

歯石は歯と歯茎の間や歯の裏側など、歯磨きで磨き残しが起きやすい場所にできやすくなってます。歯磨きが行き届いていないと食べかすが残り粘々した歯垢に変わり、さらに放置すると茶色く固い歯石へと変わります。さらに放置し続けると歯石が黒ずんでいき雌雄病の原因になってしまいます。

 

歯周病について知りたい方はこちら

 

着色

色の濃ゆい食べ物や煙草のヤニによって歯に色が付いてしまいます。軽い着色であれば歯医者さんでクリーニングしてもらえば取ることができますが、ひどい着色の場合はホワイトニングなどの治療が必要になります。

銀歯を入れている方は銀歯の影響で歯や歯茎がが黒くなったりする場合もあります。

 

歯の着色について知りたい方はこちら

 

歯の黒い点が気になったら

まずは歯医者さんへ行くことが大切です。

着色による黒ずみや歯石の黒ずみなど黒くなっている時点で、かなり放置しているので歯磨きではどうしようもない状態です。早めに歯医者さんで歯石取りやクリーニングをしてもらうことで、短い期間や費用を抑えることができます。

1番厄介なのが歯の中で虫歯が広がっている状態です。表面は小さな黒い点なので気づきにくくたちが悪いです。

実際に私は黒い点に気づくのが遅く上の前歯の中に数か所虫歯ができてしまいました・・・・。

私の場合は上の前歯に穴が開いてしまいその時に虫歯だと気づき、歯医者さんに行ったら数か所で来ていると言われて治療しました。

まとめ

歯の表面の黒い点を、虫歯か歯石か着色か見分けるのがなかなか難しいかもしれません。

歯の表面は虫歯だと疑った方がいいかもしれません。茶色っぽいのは着色の可能性が大きいですが、虫歯の場合もありますので注意してくださいね(; ・`д・´)

何事も早期発見で早期治療です!!

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。