あれ?歯が黄色い?って思ったことありませんか?

あなたが日頃していることが、歯を黄色くしているかもしれないですよー!

今回は歯が黄色くなることに注目していきましょう!!

歯が黄色くなる原因は?

歯が黄ばむ原因はた~くさんありますので結構なりやすいです。

・食べ物、飲み物による着色

ウーロン茶やコーヒーに赤ワイン、紅茶やココア、カレーやケチャップなどの色の濃いものを頻繁に摂取しますと、歯が黄色くなりやすいです。(ステインという物質が歯に付着します)

 

 

 

 

 

 

・タバコによる着色

もちろんタバコも歯を黄色くする原因になります。タバコのヤニが歯に付着するからです。

上記の2つは歯の表面に付着しているだけなので、丁寧な歯磨きをすることで黄ばみを取ることができます。

 

・虫歯や銀歯などによる変色

初期の虫歯などは茶色のものが多く歯が黄色くも見えたりします。さらに進行しますと、どんどん黒くなってしまいます。そして、歯医者さんなどで治療を受けて銀歯などを入れても変色の原因になるときもあります。(100%ではないです)

・歯石による着色

歯磨きが行き届いてないと、歯垢が固まり歯石という固い物質に変わります。歯石は茶色い色をしてますので、歯が黄色く見えてしまい、歯磨きで取り除くことはできません。

・加齢による変色

年を取っていくと歯が黄色くなっていきます。人により進行スピードは違いますし、避けることはできません(;゚Д゚)

・歯の表面が溶けることにる変色

炭酸飲料、ワイン、柑橘類、スポーツドリンクなどを取りすぎると、歯の表面は溶けてしまいます。そうすると象牙質(ゾウゲシツ)という部分が見えます。象牙質は黄色い色をしているので、歯が黄ばんで見えてしまいます。歯ぎしりなどで歯の表面が削れた際も、象牙質が露出し歯が黄ばんで見えます。

歯を溶かす記事についてはこちら

・神経を取った歯

神経をとってしまった歯はだんだん黒くなっていきます。ハ〇セ〇ボンの方のように・・・・今は歯入れてますね(`・ω・´)

歯の黄ばみ予防法・治療法

色の濃い食べ物や飲み物は避けること!!
そして、正しい歯磨きをし歯石を作らないようにしましょう!!
初歩的な解決策ですみませんが、歯磨きはなめてはいけませんよ!!
正しい歯磨きが1番効果的です。歯の黄ばみがなかなか取れない方はホワイトニング専用の歯磨き粉を使ってみてください。

正しい歯磨きの仕方はこちら

そして、半年に1度は歯医者さんで歯石取りをしてもらいましょう。しっかり磨いていてるつもりでも、磨き残しがでてしまいますので。

それでも気になる方はホワイトニング治療もあります。

ホワイトニングが気になった方はこちら

その他にも自費治療により、セラミックや硬質レジンなどの白い歯をいれることもできます。

セラミックについてはこちら

まとめ

やっぱり黄ばんだ歯より白い方がいいですよね~

さすがに真っ白は作り物って感じで嫌ですがある程度は白くありたい(*ノωノ)

黄ばみ切った歯を治療するには少しお金もかかりますが、セラミックなどは長い期間使えるんで私は入れました。

あなたに合った治療法を見つけてみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。