前記事では総入れ歯の種類や費用についてご紹介いたしました。

 

前記事の総入れ歯の種類・費用はこちら

 

今回は部分入れ歯の種類や費用についてご説明いたします。

総入れ歯と同様に部分入れ歯も保険適用と保険適用外の物があります。

保険適用の部分入れ歯

・レジン床義歯(レジンショウギシ)

レジンというのは材料の名前で床(ショウ)というのは入れ歯のピンク色の歯茎の部分のことを言います。基本多くの患者さんの入れ歯はレジン床義歯で作られます。保険適用で1番お手頃の価格で作ることができます。しかし、歯に引っ掛ける金具は金属なので見た目はあまりよろしくなく、強度確保のために厚みを厚く作らなくてはなりませんが壊れた際の修理は1番しやすいです。

価格 4,000円から12,000円

(歯の抜けている本数によって価格は変わります)

保険適用外の部分入れ歯(自費の入れ歯)

・金属床義歯(キンゾクショウギシ)

保険適用のレジン床義歯とは違い丈夫で壊れにくく、厚みを薄くして作ることができるので口の中に入れた際の違和感が軽減されます。金属は熱を伝えやすいので食べ物の温かさや冷たさを感じやすいです。そして、汚れにくく臭いも付きにくい為、清潔に保つことができます。しかし、壊れた際は修理が難しく(まったく修理できない訳ではありません)保険適用外なので価格が高くなります。使用される金属もいくつかあり、それぞれに特徴があります。

使用される金属の特徴は

コバルトクロム

保険入れ歯の約3分の1の暑さで作ることができ、熱も熱も伝わりやすく強度もあります。金属床の中で1番治療費を抑えることができます。
価格 15万円から20万円前後

チタン

金属の中でも軽い金属で顎が疲れにくいです。なおかつ丈夫ですし汚れにくく清潔に保ちやすいです。体にも優しく金属アレルギーの方でも安心して使用いただけます。
価格 25万円から35万円前後

白金加金(ハッキンカキン【プラチナ】)

チタンほど固くはないので加工しやすく、口の中になじみやすいです。しかし、上記の金属の中でもっとも重く、費用も1番高いです。
価格 50万円前後

・ホワイトクラスプ義歯(ホワイトクラスプギシ)

こちらは歯に引っ掛ける金属の金具の部分を白い素材で作る入れ歯になります。歯の色に近いので部分入れ歯だと気づかれにくいです。歯に引っ掛ける白い素材が金具より柔らかいので、歯を傷つけにくい利点もありますが金属より少し強度が弱いです。まったく目立たない部分入れ歯ではないので、もっと目立たない入れ歯が良い方はノンクラスプ義歯をおすすめいたします。
価格 10万円前後

・ノンクラスプ義歯(ノンクラスプギシ)

クラスプというのは金具の部分のことで、その金具がない部分入れ歯のことをいいます。金具がなく歯茎に近いピンク色の材料で作られているため部分入れ歯ということが他の人にわかりづらく、見た目を気にせずに安心して食事することができます。口の中に入れた際、ホワイトクラスプ義歯より部分入れ歯だと気づかれにくいと思います。
価格 10万円前後

まとめ

部分入れ歯も様々な種類ありましたね。やはり保険適用外はお値段が高いですが、目立ちにくい部分入れ歯も存在します。せっかく目立ちにくい入れ歯があるのに世間にはあまり知られていないのが現状です。この機会に知っていただけた方が増えてくださり大変うれしいです。この記事を参考にご自身に合う入れ歯が見つかるといいですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

※入れ歯の価格はおおよその相場になっておりますので、しっかりと歯科医院でお値段の方をご確認ください。
(入れ歯の価格は歯科医院が自由に設定できますので、歯科医院により価格が違います)